太陽法律事務所  TAIYO LAW OFFICE

太陽法律事務所のメンバー 〜Members of the SUN〜

■ 弁護士 辻口 信良(つじぐち のぶよし)

【略歴】
・1947年(昭和22)生まれ
・石川県出身
・関西大学法学部卒

・元大阪弁護士会副会長
・関西大学・龍谷大学講師(スポーツ法学)
・スポーツ問題研究会代表
・日本スポーツ法学会会員
・日本スポーツ仲裁機構(JSAA)仲裁人候補

【取扱事件】
・訴訟事件、交渉事件全般(民事中心)

【ひとこと】
・太陽宣言の実現に向けて頑張ります。

【業績・その他の活動】
・日本初のスポーツ選手代理人としてヤクルトスワロー古田敦也選手を代理し,プロ野球界に一石を投じる(1992)。
・その後,Jリーグ元ガンバ大阪宮本恒靖選手他,スポーツ選手の代理人を務める。
・KBS京都放送ラジオニュースキャスター(1991〜1998)。
・「2008年大阪オリンピック!!応援団」団長。

【著書】
・”平和学”としてのスポーツ法入門(2016年10月)
・Q&Aスポーツの法律問題〔第3版補訂版〕(2015年5月スポーツ問題研究会編著)

【論文その他】
・「選手契約の代理人を巡る状況と弁護士」(自由と正義(1994年11月号))
・「スポーツにかける二一世紀の夢」
(自由と正義(2001年5月号))
・「大阪オリンピックと国際平和主義」(朝日新聞1999年3月10日論壇)
・弁護士さん物語(別冊宝島社)
               ほか多数

■ 弁護士 森谷 昌久(もりたに まさひさ)

現在病気療養中です

【ひとこと】
 弁護士登録後,辻口弁護士らとともに太陽法律事務所を設立してから早くも20年以上の歳月が流れました。
 私は,弁護士にとって人の心の痛みを分かること,依頼者の悩みに向き合うことが何よりも大切であると考えています。弁護士は代理人であって当事者ではありませんが,依頼者の声に十分耳を傾け,その訴えに共感する力こそ重要な素養であり,社会から求められた職責であると考えていますす。
 司法制度改革の中にあっても,弁護士に求められる素養は基本的に変化はないと確信しています。メンバーの変動はありながらも,太陽法律事務所のの基本精神にも変化はありません。

■ 弁護士 山本 和哉(やまもと かずや)

【略歴】
・1969年(昭和44年)生まれ
・神奈川県出身
・東京大学卒

【取扱分野】
・一般民事
・企業法務、企業再生、倒産
・家事事件
・刑事事件

【ひとこと】
私自身は学生時代まで大阪には何の地縁もなかったのですが,大阪で弁護士登録した後,幸いにも良き仕事,良き依頼者に恵まれこれまでやってくることができました。今後も依頼者の皆様方に少しでも喜んでいただける仕事ができるよう最大限の努力してゆく所存です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

■弁護士 木村 重夫(きむら しげお)

【略歴】
・1962年(昭和37年)生まれ
・京都府出身
・滋賀大学経済学部卒
・大阪府立産業開発研究所(前職)

【取扱分野】
・民事事件全般
・起業支援
・交通事故,債務整理
・刑事事件

【ひとこと】
 かつて産業開発研究所に勤務していた頃は,中小企業の事業者らの調査,高度化診断指導業務を担当していました。
 弁護士登録後も,一般民事事件や刑事事件を取り扱う傍ら,各種セミナー等で起業を目指す方々に法的リスクマネジメントの重要性を伝えてきました。
 今後も,中小事業者の方々をはじめとして多くの方々にとって良き相談者となれるよう地道に精一杯取り組んで参りたいと思っております。

【著書その他】
・ベンチャービジネス論(実教出版 共著)
・起業・創業ハンドブック(大阪府中小企業団体中央会 共著)ほか
・各種スポーツ選手代理人

■弁護士 杉平 大充(すぎひら ひろみつ)

【略歴】
・1975年(昭和50年)生まれ
・石川県出身
・立命館大学法学部卒

【取扱分野】
・一般民事全般
・家事事件
・交通事故、債務整理
・刑事事件(少年事件含む)

【ひとこと】
日々誠実に事件に向き合うことで,依頼者から「この弁護士に相談してよかった」と思われる存在でありたいと思います。
 そのためにも日々の研鑽が不可欠と考えております。何卒ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

【趣味・特技】
・お酒
・クイズ(学生時代にウルトラクイズに出場)

■弁護士 岡村 英祐(おかむら えいすけ)

【略歴】
・1979年(昭和54年)生まれ
・滋賀県甲賀市出身
・京都大学法学部卒
・京都大学法科大学院修了
・日本スポーツ法学会会員
・公財)日本スポーツ仲裁機構(JSAA)理解増進事業専門職員(2013年度)
・フロリープ法律事務所(スイス・チューリヒ)へ派遣
(2013年度)
・公財)日本スポーツ仲裁機構(JSAA)スポーツ団体のガバナンスに関する協力者会議分科会委員(2014年度)

【取扱分野】
・各種民事事件
・労働事件(使用者・被用者)
・交通事故、スポーツ事故
・家事事件(遺産分割、遺言、離婚等)
・刑事事件(少年事件含む)
・スポーツ関係紛争(契約・団体紛争等)

【著書・論文等】
・Q&Aスポーツの法律問題(第3版)
(2012年3月 スポーツ問題研究会編)

【その他関心分野】
・中小企業と法
(コンプライアンス・事業承継等)
・スポーツと法
・地域社会と法

【ひとこと】
「問題の本質に関しては厳しく,人に対しては柔軟であれ」という言葉(R・フィッシャー)を目標として,法曹としての責任を自覚しつつ,人としての温かみある仕事ができるように日々研鑽を重ねていきたいと思います。
 

【趣味・特技】
・野球(関西学生野球連盟ベストナイン表彰(2000年秋投手部門))

■弁護士 佐竹 春香(さたけ はるか)

【略歴】
・石川県白山市出身
・関西学院大学法学部卒
・関西学院大学大学院司法研究科修了

【所属】
・スポーツ・エンタテインメント法実務研究会

【取扱分野】
・民事事件全般
・中小企業支援
・家事事件
・スポーツ関係紛争

【ひとこと】
日々の研鑚を怠ることなく、丁寧に仕事をすることで、依頼者との信頼関係を構築し、安心して頼っていただける弁護士を目指します。
弁護士に相談することだろうか・・・と悩まれている方も、まずはお話お聞かせください。

■客員弁護士 福永 政彦(ふくなが まさひこ)

【略歴】
・1936年(昭和11年)生まれ
・裁判官任官(1962年)
・裁判官退官(1998年)
(大阪高等裁判所部総括判事)
・大阪法務局所属公証人(〜2006年)
・太陽法律事務所勤務(2006年4月〜)

【業績・論文】
・「自動車事故における過失割合の認定基準(試案)」(判例タイムズ昭和44年3月号)
・「自動車事故における過失割合の認定基準(改稿)」(判例タイムズ昭和44年12月号)
・「自動車運行の容認と自動車所有者の運行供用者性」(民商法雑誌平成21年5月15日号)

【ひとこと】
 時の流れは早いもので法曹となって以来,既に約半世紀もの時間が流れました。これまで立場の違いこそあれ裁判官として,そして弁護士としてその職責を全うしてきました。
 今後も太陽宣言を基本理念とする太陽法律事務所の客員弁護士として,自らの晩節を自覚しつつも常に新たな夢に挑戦しながら執務してまいりたいと思います。